•   展示会ブース番号:機-81

新しい技術の習得のためスマートフォンアプリを開発しています。

スマホアプリの開発は現在活気があります。
今日、スマートフォンはなくてはならないデバイスになっています。

新たにスマートフォンアプリを開発するにあたって感じたことを述べていきます。

スマホアプリの開発環境が充実して揃っています。
現在の開発環境は Android Studio が主流です。
以前は、Eclipse( Java ) + Android SDK でした。
アンドロイドアプリの開発環境を構成するファイルサイズはかなりの容量になります。
開発環境のパソコンはハイスペックを要求しています。
IDEと端末エミュレーターがボリュームがあり重たくなっています。

スマホアプリの開発ノウハウの情報はインターネット上にたくさんあります。
IDEのバージョン違いやその他で、たくさんの情報があるので気を付ける必要あります。

アンドロイドアプリでボタンを押したときのJavaによるプログラム記述は独特の作法があります。
ボタンクリック処理の記述は2つの関数をネストして記述するスタイルになっています。
私はWindowsアプリを開発していますのでボタン操作の処理内容の記述に違いが見受けられました。

入門書やネットの開発ノウハウのサイトを参考にしますとシンプルな画面デザインの開発は簡単にできました。

弊社ではスマートフォンアプリを開発することにより社内の技術資産を増やしていきたいです。