会社ノートPCのOSをWindows 10にしてからの開発環境のビルドエラーについて

Windows 7は2020年01月14日でサポートが終了します。
去年の10月末に自分の会社ノートPCをWindows 10にアップグレードしました。

特に問題もなく使用していましたが、NC制御ソフトのプロジェクトをビルドしたところビルドエラーが起きました。

Couldn’t reserve space for cygwin’s heap, win32 error 0
とメッセージがありました。見慣れないメッセージでした。

そのためインターネットで解決策を検索しました。いくつか探していましたら以下の解決方法を見付けました。


C:\XXX>rebase -b 0x30000000 msys-1.0.dll

を実行しました。実際には、rebase ( Microsoft SDKsにあり ) と msys-1.0.dll のファイル名の前にはフルパスを入れています。

rebaseの実行結果
REBASE : Total Size of mapping 0x0000000000110000
REBASE : Range 0x0000000030000000 -0x0000000030110000

これにより再びNC制御ソフトのプロジェクトのビルドができるようになりました。上記のビルドエラーの問題は、Windwos 10環境で起きる場合があるようでした。