• ブースNo.「機-93」にてご来場をお待ちしております。

タスク間のタイミングによる問題発生の可能性について

あるタスクAから、別のタスクBに、処理を要求する場合を考える。
処理を要求するに当たって、タスクAはタスクBのリソースR_Bをコピーして
要求の初期データを作ったとする。
Aで初期データを作った場合、タスクBで要求が処理されるタイミングでは、
そのベースとなるリソースR_Bは、すでに変化しているかもしれない。
結果初期データが食い違い、意図しない動作になるタイミングがおとずれる。



  • ブースNo.「機-93」にてご来場をお待ちしております。