現象の再現方法について

たまにしかおきない不具合は、現象を再現させるのは困難な事がある。
そのような場合のためにチェックしたいポイントを挙げる。
①まずは情報収集をする。発見者からできるだけ詳細な聞き取りを行う。
②ログが取れていればそこから判ること、判らないことを整理していく。
③ログが取れていればその内容から、現象が起こったときの機械の挙動を推測する。
④パラメータや環境は極力同じになるように努める。
⑤現象発生の状況が特定できていれば、その状況を数多く繰り返す。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です