Eclipse CDTを入れてみました

Eclipseの ‘E’ の字も知らない、初心者ですが、「Eclipse のCDT を使うことで、C/C++開発が便利になるらしい」、という情報を見つけ、Web記事を参考に、導入を試みています。

まずはこちら(http://uturo2.nevernothing.jp/eclipse_c_cpp/)の記事を参考に、Eclipse CDTの、日本語パッケージを導入しました。

インストーラーはないので、単純にダウンロードして解凍するだけです。

Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン   (http://mergedoc.osdn.jp/)のサイトから、から、参考記事と同じく、Eclipse 4.6 NEON Pleiades All in Oneのボタンを押してダウンロードします。

現時点の最新版は、4.7 らしいのですが、初めてなので、記事と同じバージョンをダウンロードします。

解凍して実行してみました。

とりあえずは立ち上がりましたが、何をしたらいいのかわかりません。

今回はここまでです。

モーションコントロールは、AVAILまで



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です