RedMine のインストール備忘録

Linux Ubuntu 16.04にRedMineをインストールしました。

RedMineは、チケット発行という行為で、行動すべき項目を管理していくソフトで、

特に、ソフトウェアのバグ修正の管理に便利です。

また、Subversionとの連携も考慮されています。

簡単にRedMineをインストールする方法として

https://github.com/farend/redmine-ubuntu-ansible

が公開されていますので、

この方法でインストールを行ってみた。

この方法では、データーベースは、PostgreSQLがインストールされます。

そして、設定ファイルは、

/var/lib/redmine/ にありますので、修正していきます。

チケットを発行した時など、他の人にメールを自動的に送信する機能がRedMineに

ありますので、その機能を使用したい場合なのですが、

このサーバー自身にメール送信の機能を持たせれば良いのですが、

グローバルIPは、固定されていないし、

という事で、gmail のアカウントを取得し、

gmailに対し、メールを送信する様にしました。

config/configuration.yml にメールサーバーの設定があります。

gmail のアカウント情報を書き込みます。

......

    smtp_settings:

      enable_starttls_auto: true

      address: “smtp.gmail.com”

      port: 587

      domain: “smtp.gmail.com”

      authentication: :plain

      user_name: ???????@gmail.com”

      password: “?????????”

......

gmail 経由でメール転送となるので、実際に送信してみて、

gmailにブラウザでログインすると

セキュリティーのワーニングが表示されます。

指示に従って無視する様に、設定します。

RedMineのバックアップ

RedMineを運用していくとなるとバックアップが必要となります。

RedMineのバックアップ = PostgreSQLのバックアップです。

ユーザー postgresで操作するとバックアップが問題なかったので、

まず、postgres でログイン出来る様に、passwd postgres を実行し

パスワードを設定します。

postgresでログインし、

pg_dump redmine > BackupFile

で、データーベースのバックアップを行います。

または、

#!/bin/sh

today=$(date “+%Y%m%d”)

pg_dump redmine > redmine_${today}_backup

というスクリプトを実行すると

redmine_20170719_backup という名前のファイルが出来ます。

あと、チケットの添付ファイルは、

/var/lig/redmine/files/ にありますので、pg_dumpで作ったファイルと

このファイルも、他のメディアにバックアップします。

あと、RedMineからSubversionのレポジトリを参照する場合は、直接フォルダー指定として参照出来ました。ただ、リポジトリのバージョンが古いとうまくいかない様です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です